1. ピアノ教室HOME
  2. ピアノ教室ブログ

ピアノ教室ブログ

レッスンのなかで行う音楽活動紹介【藤田ゆかり】

2017年8月08日

毎日厳しい暑さが続きますが、
元気にレッスンに通ってくれる子ども達から沢山パワーをもらっています。

今日は、レッスンのなかで行う音楽活動で最近行っている三つを紹介したいと思います。

IMG-0713.JPG


まず一つ目、音階唱。


空間の認知と音程の把握は密接な関係があるので、
いつもレッスン室の入り口からピアノまでの距離を、ドレミファソラシドと音階を歌いながら、
歩幅を考えてちょうどぴったり歩けるようにという活動をしています。


ピアノから入り口までを上行形、
入り口からピアノまでを下行形で歌いながらステップしてもらっています。
そればかりだと飽きてしまうので、数字唱、日本音名、ドイツ音名、もしくはア唱、ハミング、
または <全部の音をさゆりちゃんのさー>で歌ってみよう、などと変化をつけて歌います。

今度はその活動に、歩きながらホワイトボードの抜けているところの音名を書いてね、
という活動へ。
歩きながらの活動は、必ず『お外では危ないからね。今は特別だよ。ピアノを弾くときは、右手、左手、ペダルって沢山のことを一度にやるから、その練習として一度に歩く、歌う、書くもやるよ。』と伝えています。子ども達は、『あはは、先生、外で書きながら歌わないよ。歩きスマホもダメなんだからさ。』という具合によくわかってくれています笑

そして、
T 『ドレミファソラシドって、音何個あるのかな?』
S 『8こ』
T  『右手のお指何本ある?』
S 『5ほん』
T 『どうしよう、音は8個なのにお指は5本......』


すると、子ども達は様々な指使いを提案してくれます。
12345555
12312323
23232323

提案してくれた指使いを試しつつ、
世界中で一番人気の指使いを子どもに伝え、一緒に練習。


最後は合図無しに、二人で息を合わせて弾く方法を模索します。
T 『せーの、とか、どーぞ、っていうと、それも音だから言わないで合わせたいな.....』
T 『どうしたらいいかな......』
S 『じゃあ、お口でどーぞ、の形をして、言わない』
T 『なるほど、それでやってみよう。』

いろいろ試して、呼吸やボディランゲージで息が合わせられるようになったら
ハイタッチで『大成功。』という内容です。

続きを読む

レッスンの空き時間のお知らせ(所沢/目黒教室)

2017年7月21日

ca3e299f2387fcf89592ca6f76db314c_s.jpg

毎日暑い日が続いておりますが、
暑い中、毎日たくさんの生徒さんが、
笑顔でピアノのレッスンに来てくださり、
生徒さんたちのピアノの音色にもいつも元気をもらっています。

さて、お教室のレッスンの空き時間をご案内いたします。
現在、所沢教室の月曜日は二枠のみ空きがございます。
とても大人気の先生ですので、
もし月曜日のレッスンをご希望の方は、
お早目にお申込みください。

ヴァイオリンとフルートのレッスンは
現在金曜日にご案内しております。


目黒教室の月曜日は、
コンクールで受賞歴があり、演奏経験豊富な講師がレッスンしておりますので、
初めてだけどピアノを習いたい、久しぶりにピアノのレッスンを始めてたい
とお考えの大人の方にお勧め致します。

めぐろパーシモンホールでのリトミックは
11時からのレッスンは残席2名
10時10分からのレッスンには余裕がございます。
ぜひお問合せくださいませ。


これからも生徒さんと一緒に素敵なピアノの音色を奏でて行きたいと
思っております。

続きを読む

お茶の水小学校の授業研究会&諏訪内・ベレゾフスキーのコンサート等【藤田ゆかり】

2017年7月03日

6月最終週にあったこと、感じたこと、考えたことをつらつらと。

concert.jpg


6月27日に、お茶の水女子大学附属小学校の授業研究会(図画工作)と講演会に参加させていただきました。

昨年度2月に行われた第79回教育実際指導研究会の一日(全二日)に参加させていただき、
音楽の授業を拝見して感銘を受け、ぜひもっと学びたい、チャンスを逃したくないとの思いで、
今回は図画工作の授業を見学させていただきました。
お茶の水小学校では、新教科「てつがく」を実践されています。
共働して学ぶ→共同性を育むシチズンシップ教育→交響して学ぶシチズンシップ→てつがく
へと研究活動を重ねていらっしゃり、
図画工作科の先生も、造形活動を通して児童へてつがく的な問いを働きかけるような指導案でした。

?班に分かれて創作活動をし、別の班の作品を鑑賞し、良いと思った班へ個人で投票する。
?票の集まった班、集まらなかった班、それぞれを皆で鑑賞し、意見を出す。
?すると、票の集まらなかった班の作品もよく思えてくる。
    二回目の投票、票が動く。
ーーーーーーーーーーーよさ っていったいなんだろう......
子ども達は自分自身に問い続ける。
問い続けるということが哲学へつながる。

といった内容でした。


その後に行われた協議会へも参加させていただき、
お茶の水小学校の他の科の先生方、校長先生のお話しをお伺いし、
大変貴重な学びとなりました。
その中で、特に心に残ったことは、
『芸術教育で重要なのは、言語化出来そうで出来ない 境を感じること』
『なんかいいね!って思うけど、何がいいのかは言えないけど......』
『自分じゃないクラスの誰かが〈◯◯だからいいよね〉と言ってくれて、〈そうそう!それが言いたかった〉というような経験をすることではないか』
というお話しでした。

私は普段のレッスンでも、上記のような状態になることがあります。
まさに直近の土曜日、ト短調メヌエット(BWV Anh. 115)のレッスンで、
最初の響き、短三度のあの響き、たまらなく美しいけど、
適当な言葉が思い浮かばない、言葉で伝えられないけれど、
生徒さんと(なんてきれいなんだろう)という気持ちが共有出来た時、
とてもすっきり、嬉しくなるのです。

この説明出来ない よさ を、日々感じていたなか
客観的に子ども達を見る立場にいたことで、
また、先生方のお話しを伺うことで、自分自身の思いに気がつくことが出来ました。

そして、この よさ について、バーバル、ノンバーバルについて考えるなかで、
諏訪内晶子・ベレゾフスキーのコンサートへ。
とても美しかったし、エネルギッシュだったし、繊細な部分もあって、
すごかった。
特に、プロコフィエフの<5つのメロディ>ははじめて聴いたのですが、
心に残りました。
アンコールも沢山演奏してくださって、会場全体大喜び、一体となった夜でした。
ご一緒させていただいた ひろみ先生、母や妹とこの思いを共有出来て
(今、感動を共有出来て嬉しいと感じている自分)を認知しました。
子ども達にもこういった喜びを感じて欲しいな、どうしたらレッスンを通して実践できるかな......
どんな方法があるかな......と考えながら家路へ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リトミック教育の創始者ダルクローズの、
『音楽のための教育であり、音楽による(あらゆる分野への)教育である』
という言葉は、いつもどんな時にも通じているなと感じます。

お茶の水小学校での授業研究会では、
哲学を通して、他者を承認し、自分自身も幸せに生きて行く、
生きて行く力を育んでいらっしゃるんだと思いました。

私もそういう音楽教育を実践していきたいと考えています。
どんな指導案がたてられるかな......考え、問い続けて行きます。

続きを読む

ドラフィ先生のピアノレッスンを受講しました。【藤田ゆかり】

2017年6月18日

6月13日、ドラフィ先生のピアノレッスンを受講しました。
ドラフィ先生はリスト音楽院の先生です。年に二回、1月と6月に来日され、芦川先生のお心のこもったサポートのもと、レッスン受講の機会をいただいています。

今回は、
ショパンエチュード25−2、10−9、
ドビュッシーの前奏曲集より、風変わりなラヴィーヌ将軍。

IMG_0534.JPG


梅雨らしい空模様、小雨の降る中なか、ドキドキしながらレッスンへ。
何十回、何百回とレッスンを受講してきたけれど、毎回ドキドキ。
中学生の頃、同じ門下で今ピアニストになった友達のゆみは、
『レッスンはいつも楽しみ!何を言ってもらえるんだろうってわくわくする。』
と話していたけれど、私はドキドキが80%、20%がわくわくという感じ。
性格的なものなのかな......でも確実にわくわくが増えていることは確かです。
中学生の頃は120%ドキドキだったので。当時はゆみの発言に心底びっくりでした。
思い返すと、当時は練習が足りなくてレッスンの日になちゃっているというのが一番の問題だった。
それはドキドキしたはず笑
leaf-2287969_640.jpg

今と学生時代の大きな違いは、まず選曲を自分でしているということ。
学生時代は曲を指定されたり、先生に選んでいただいていたけれど、
今は何を弾こうと自由です。
今回選んだ3曲も、もちろん自分で決めたもの。

ドビュッシーは、去年のダルクローズのプラスティックアニメの課題曲で
公開試験を見に行って、とても気になって弾いてみることにした曲です。

ショパンのエチュードは、なぜか惹かれてしまって、
それは多分感覚的に学ぶべきものを自分自身で感じ取ったんだと思います。

譜面をパッと見た感じだと、ドビュッシーの方が手こずりそうと思っていたけれど、
難しいのはショパンでした。

ずっと弾きながらも、(左手がうるさいよな。)(ペダルが濁っているな。)と思っていたけれど、
自己練習だと解決出来ず、また私の怠惰な性格により、修正不足なままレッスンへ。

ドラフィ先生は一回目の演奏をお聴きになり、一言。
『A lot of problems』
そして、予想通り、
『Lazy』
と仰いました。

ショパンもドビュッシーもペダルが大問題だということで、
細かくご指導いただき、
また強制的にテンポアップさせて弾いてみたら、じつはこのテンポでも弾けそうかも、と気がついたり。
そして今回、最大のお土産としていただいたのは、
手首を動かさずに指だけで軽やかに弾く方法、
『ゆび、ゆび、ゆび、ゆび』と隣で先生に応援していただくと、
なんだか出来たような気持ちになりました。
この奏法をマスターしたいと受講後の今も猛練習中。

『この弾き方に、ダイナミクスを加えて自然な揺れ、海や湖の波を表現して。』
とご指導いただいて来ました。

まだ<ゆびゆびレベル>な私は、<波の表現>まで行き着けていないけれど、
(あ、この事を学びたくてショパンエチュードのこの二曲にしてたんだな。)
と自分の無意識に気がついたのです。
雨模様の心に、少しだけ晴れ間が見えたような瞬間でした。

rainbow-436171_640.jpg

きっとここを抜けたら、新しい世界に行ける気がします。
感じているし、表現したいのに、技術が追いつかない、
今はこの中でもがいている感じ。
前回のレッスンでドビュッシーの喜びの島を弾き、『思った通り弾けなくて苦しい』と
心の中を芦川先生、ドラフィ先生にお伝えした通り、
今回もまだその場所にいた。それをショパンエチュードで確認したんだなという感じ。

budapest-2173057_640.jpg

ドラフィ先生のお住まい、ブダペストの様子。


もう、本当に練習あるのみ、心の底からそう思いました。
一人で練習していると、自分に都合の良い方向に流れてしまっていて、
片手でさらうのをさぼってしまったり、耳を休ませてしまっていたり、
そんな私の演奏を、必ず真剣に、丁寧に、ご指導くださるドラフィ先生に心から感謝しています。

気がついたらもう10年近く、ご指導いただいているのかな。
ドラフィ先生のレッスンは、年に二回ほぼ毎回受講してきました。
毎回レッスンの後、(私は本当にダメだ。)(消えてしまいたい。)
と思って来たし、今回も思ったけれど、
最後に、ドラフィ先生のレッスン受講の機会をくださる芦川先生に
『勉強しなかったら、何もしなかったらゼロだけど、受講して勉強したらゼロじゃないのよ。』
『必ず変わります。』
とのお言葉をいただき、家路につきました。


続きを読む

ピアノ講師・リトミックアシスタント採用情報

2017年6月16日

ピアノとバラ.jpg

ピアノ教室FUJITAは、30年以上の歴史のある埼玉県所沢市と
東京都目黒区にある音楽教室です。

ピアノ(個人・グループ)、バイオリン、フルート、リトミックの
レッスンを行っており、たくさんの素敵な生徒様に通っていただいております。
初めて音楽にふれる小さなお子様から、音大受験を目指す方、
大人の方までいらっしゃいます。


おかげさまで、近年よりたくさんの生徒様に通って頂けていること、
そしてコースの拡充をしたい考えから、
新しい講師の募集をしております。


私たちは、生徒様に何よりも音楽を楽しんでほしいと考えており、
当教室とともにさらなる成長を望まれる、
志の高い方のご応募をお待ちしております。


待遇や応募条件といったご質問は、
直接メールにてお問合せください。
音符と空.jpg

続きを読む

サポートを必要とする子どもとのピアノレッスンをしています。

2017年6月16日

ひまわり.jpg


私自身、ヤマハ音楽教室講師時代から、
サポートを必要とする子どもとのレッスンを重ねてきました。

間違えが許せなくて、パニックになってしまうことの多かった男の子、
お母様と相談しながらレッスンを重ね、
ピアノ演奏を通して『間違えても大丈夫』を伝え続けた数年間。
最後はピトッと身体をくっつけて演奏してくれるようになりました。
まだパニックになってしまうことはあるけれど、
他人に触れられるようになったことはとても大きな成長でした。
ひまわりと空.jpg
こういった経験から、
音楽を楽しみたい、と思っている子どもたちへ
私に出来ることをしていきたいと思っています。


言葉がなかなか出ない、
思うように身体が動かない、
気持ちが落ち着かない、
周りとのかかわり方が分からず困っている、
そんな子どもたちに、
一人ひとりに合った指導案を作成し、ピアノやリトミックのレッスンをします。


今日やって、明日には変らないかも知れないけれど、
1年後、3年後、5年後、大人になるころには
音楽を通して得た経験が生きるはず。

ぜひ、教室にお問合せください。

続きを読む

リトミック講座を受講してきました。【藤田ゆかり】

2017年6月16日

6月10日、
岐阜で開催された馬杉知佐先生の講座を受講してきました。

IMG_0509.JPG


馬杉先生は、ジュネーブ留学時にダルクローズの国際ライセンスを取得され、
現在は比治山大学短期大学部にてリトミック指導をされています。
また、アメリカの作業療法士エアーズが提唱する『感覚統合』をリトミックを通して行い、
発達障がい児へのレッスンで素晴らしい成果をあげていらっしゃる先生です。


私自身がサポートを必要とする生徒さんとの関わりを通して、
悩んだり、考えたりしていたなか、
いつも優しく相談に乗ってくださっている先輩の千恵先生のご紹介で
『ぜったいにおすすめ!』とのことで、
岐阜まで言ってみようと決意し参加して参りました。

続きを読む

母の日 おかあさんのうた♪

2017年6月09日

こんにちは。
6月に入り天気の良い日は気温が高くなってきましたね。

さて、先月の第2日曜日は母の日でした♪
どのご家庭もおかあさんにとっては特別な日でしたよね!

あさひ先生が母の日にちなんで、童謡の『おかあさん』のうたを歌ってくださいました。
「おかあさん なあに」という親子の会話からは幸せが伝わってきます。
あさひ先生の素敵な歌声で「おかあさん」の童謡を聴くと心が優しい気持ちになります。


あさひ先生の童謡はこちら↓

続きを読む

音中、音高、音大生と これから目指す方の為のレッスンコース

2017年5月26日

15fb2d168546dbbb6e53ee83ce75a258_s.jpg


認定書.jpg

当教室は、
国立音楽大学附属中学校、高等学校、認定音楽教室です。

音楽大学への受験指導はもちろん、
音中、音高を目指す生徒さんの指導、
音中、音高に通われている生徒さんのレッスンも
しています。

授業内での一斉指導とは別の、個人に向けたレッスンは、
生徒さん一人一人の個性に合わせた指導が可能です。

ソルフェージュや音楽理論の苦手を克服し、
自信を持って音楽学習に向き合えるようになります。

単なる受験対策や、授業のキャッチアップだけに留まらず、
国立音楽大学の精神のもと、生徒さんが人間として豊かになることを目的としています。

音楽学習を通して、挨拶、聞き方、話し方、
自己と他を尊重する態度等、社会性を身につけて欲しいと考えています。

※国立音楽大学附属中学校、高等学校
http://www.kunion.ed.jp/

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_t.jpeg

lgf01a201411261600.jpg


続きを読む

目黒教室 出張レッスン をはじめます。

2017年4月10日


ご自宅でのレッスンをご希望される方のために
出張レッスンコースを開設いたしました。

出張可能なエリアは、
都立大学駅周辺となりますので
詳しくはお問い合わせください。

lgf01a201403080400.jpg

続きを読む

お気軽にお問い合わせください

04-2924-0256 受付時間 9:00-21:00 / 定休日 木曜日

レッスン中や移動中などでお電話が繋がらない場合がございます。 折り返しお電話させていただきますので留守番電話にメッセージをお願い致します。


ピアノ教室FUJITA メニュー

トップへ戻る