1. ピアノ教室HOME
  2. ピアノ教室ブログ

ピアノ教室ブログ

春の訪れを感じる今日この頃

2019年3月11日

TS0529005_TP_V.jpg

こんにちは!
ピアノ教室FUJITAです。


まだ寒い日もありますが、日中はだいぶ暖かくなってきましたね。
外では菜の花が咲いている風景なども見られるようになりました。
桜の開花ももうすぐですね!

既に卒業式を終えられた方やこれからの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ピアノ教室FUJITAの生徒さんの中には中学校の卒業式の伴奏を担っている生徒さんもいらっしゃいます。
演目は全体合唱の大地讃頌。
ただいま練習をとても頑張っています!

卒業式で演奏するという大役はきっと何年たっても忘れられない思い出になることでしょう。

また中には、来年度は自分が演奏する!と張り切っている生徒さんもいらっしゃいます♪

日頃の練習成果のみせどころですね!
ぜひ思い切ってチャレンジしてほしいと思います。

続きを読む

クリスマス会を催しました!!

2018年12月26日

christmas_tree.png


徐々に寒さも増しクリスマスも過ぎ、一年もあともう少しとなりましたね。

所沢教室では12月20日にクリスマス会を行いました。

音当てクイズやイントロクイズ、プレゼント交換、などなどプログラムも盛りだくさん!!

参加してくれた生徒さんと楽しいひと時を過ごすことができました。

また会の途中で宮田先生がジャズバージョンの『きよしこのよる』を弾いてくださり、クリスマスの雰囲気を盛り上げてくれました!!


DSC_0057_edited.jpg


参加して頂いた生徒さんも各々楽しんでいたご様子


DSC_0058.JPG


一年の締めくくりにとっても素敵な思い出となりました!!

続きを読む

小学生リトミックレッスンのご紹介(2)

2018年8月30日


8月は、カノンについても学びました。

手作り絵描き歌を作って、
目で見てわかるカノンを 歌ったり、弾いたりして楽しみました。

自分のパートを歌いながら(役割の責任を果たしながら)、
周りの人とのハーモニーを感じて(協働して行う)活動です。

子どもたちは、順番を変えたり、
ハミングをラララにしたりと様々に楽しみました。

続きを読む

小学生リトミックレッスンのご紹介

2018年8月30日

小学生対象のリトミッククラス レッスンの中の一部をご紹介します。

7月は 音楽における文脈について
<前後のつながりを感じよう>
というテーマのもと、活動を行いました。
子どもたちの大好きなうた、七夕や海の1フレーズを担当し、
歌いながら即興で絵を描きました。
何の絵を描くのかは事前の相談なしに行います。
前の人の描いたものから感じて、自分の絵を描きました。


みんなで協働して一つの作品を作りました。
即興演奏でも、こんなふうに曲を作ってみよう、
と伝えました。

続きを読む

現在募集停止中/リトミックに通ってくださる生徒さんを募集しています。

2018年5月28日

ピアノ教室FUJITAではリトミックのレッスンも行っております!!

こちらは2歳からレッスンを始めて現在は小学生になったお友達です。

IMG_0151.JPG IMG_0152.JPG

IMG_0136.JPG IMG_0120.JPG


ピアノ演奏や先生のお歌に合わせて身体を動かしながら楽しくレッスンを行います。

またレッスン内容にもピアノを導入しており、自ら宿題を決めて何回弾いてくるか、さらには丸にするかどうかも子どもたち自身で判断をしながら進めていくので自主性も育ちます。


リトミックには卒業はありません。
これができたら終わり、ではなく
お子様の成長とともに長く学習内容を発展させていくものです。
小さなころからのびのびとした環境でレッスンを受けていただくことで講師との信頼関係が育まれ、安心できる環境のなかで自然と表現したいという気持ちや、様々なお子様の興味も引き出されます。
そこから、自ら弾いてみたい、という
ピアノやヴァイオリン、フルートへの挑戦の気持ちが生まれてきます。


続ける、ということが大事なんですね!!

0歳から3歳ごろまではお母さまと一緒に楽しみながらレッスンを受けていただけるので
まずは音楽って楽しい!と思ってもらえることからスタートです!!

体験レッスンも行っております!
(月曜日の11時スタートのクラスで、2・3歳の生徒さんを募集中です)

ご興味があるかたはぜひお問合せ下さい^^

unnamed.jpg

こちら(過去のリトミックブログ)もぜひごらんください。

続きを読む

所沢教室・目黒教室 発表会を開催いたしました。

2018年2月19日

所沢教室は、
2017年1月23日
所沢市民文化センターミューズ アークホールにて、
発表会を開催いたしました。

<講師演奏動画>

目黒教室は、
2018年1月27日
めぐろパーシモンホール 小ホールにて、
発表会を開催いたしました。

<講師演奏動画>

続きを読む

少人数制リトミック♪

2018年1月29日

こんにちは。

先週の大雪でお教室の前もたくさんの雪が積もりました。
毎日とても寒いですね!!
それでもお教室には、寒い中、元気に生徒さんがレッスンに来てくれています♪
shashin2_edited.jpgのサムネール画像

お教室では、日曜日・月曜日に所沢教室でリトミックのレッスンをしています。


ピアノ教室FUJITAのリトミックは、0歳のお子様から
小学生の生徒さんまでのクラスがあります。

どのクラスも5名までの生徒さんと講師2名の少人数制のクラスで、
レッスンしております。
講師のピアノに合わせて、
音楽をより身近に感じてもらえるレッスン内容となっています。

少人数制でお子さんに合わせてレッスンしたいとお考えの方、
ぜひ、ピアノ教室FUJITAのリトミックに参加してみませんか♪

続きを読む

所沢教室ChristmasConcert(発表会)のお知らせ

2017年12月04日

アークホール.jpgのサムネール画像


こんにちは。
12月に入り、今年も残す所、あと少しとなりました。
寒い日が続いていますが、
どの生徒さんも寒さに負けず、元気にレッスンに通ってきてくれています♪

さて、所沢教室では12/23に所沢市民文化センターミューズの大ホールにて
ChristmasConcert(発表会)を行います。
(上の写真がミューズの大ホールです)

今年は、ピアノ演奏に加え、フルートと
ヴァイオリン、リトミックと多くの生徒さんが出演します。

発表会に向け、お教室では、
生徒さん達のかろやかな美しい音色が響き渡っており、
ChristmasConcertがとても楽しみです。

出演者全員、聴きにいらしてくださったお客様への
プレゼントとして心を込めて演奏します。

ぜひ、ピアノ教室FUJITAのChristmasConcert(発表会)にいらしてください。

続きを読む

親子リトミック・幼稚園・小学生リトミックレッスンに対する考え

2017年11月24日

私たちは、0歳から3歳のおともだちを対象に、
親子リトミックレッスンのクラスを開講しています。


IMG-0941.jpg

親子と言っても、
おじいちゃま、おばあちゃまとご参加くださる生徒さんもいらっしゃいますので、
必ずしも親子で参加というものではありません。

***ーーーー***ーーーー***ーーーー***ーーーー***ーーーー

リトミックのレッスンというと、
日本では情操教育の一環として幼稚園入園前に触れておきたいもの、
ピアノの前の準備、との考えが定着していますが、
元々のリトミックは、音楽大学で学ぶ大学生の為に考案された学習法です。


親子リトミックを考案したのは、ダルクローズではなく、
イラマ・ロドリゲス先生(ジャック=ダルクローズ音楽院)と
ミレイユ・ヴェヴェール=バルマ先生(ジャック=ダルクローズ音楽院)
のお二人です。

今年の春、親子のリトミックレッスンについて、イラマ先生からお話しをお伺いする機会がありました。
とても心に残ったことは、
「子どもが自由になるには、お母さんが自由になることです。」
「子どもに答えを教えないこと。」
「子どもと同じ目線に立つこと。」
「私たちは音楽を通して生きることを教えて行くこと。」
等のお言葉です。

私たちは、イラマ先生のお言葉にあるように、
子どもが自ら考え、身体を使って表現し、
生きる力を養って欲しいと考えています。

楽器を演奏する時、身体を動かさずに演奏することは出来ません。
何かを発明しても、身体を使わないと相手に伝えられません。
お話しすること、小説を書くこと、絵を描くことも、踊ることも、
身体が無いと伝わりません。


その為にリトミックがあります。


心に思い描いたことを、身体を使って表現する。
その力を養って欲しいのです。

続きを読む

レッスンのなかで行う音楽活動紹介【藤田ゆかり】

2017年8月08日

毎日厳しい暑さが続きますが、
元気にレッスンに通ってくれる子ども達から沢山パワーをもらっています。

今日は、レッスンのなかで行う音楽活動で最近行っている三つを紹介したいと思います。

IMG-0713.JPG


まず一つ目、音階唱。


空間の認知と音程の把握は密接な関係があるので、
いつもレッスン室の入り口からピアノまでの距離を、ドレミファソラシドと音階を歌いながら、
歩幅を考えてちょうどぴったり歩けるようにという活動をしています。


ピアノから入り口までを上行形、
入り口からピアノまでを下行形で歌いながらステップしてもらっています。
そればかりだと飽きてしまうので、数字唱、日本音名、ドイツ音名、もしくはア唱、ハミング、
または <全部の音をさゆりちゃんのさー>で歌ってみよう、などと変化をつけて歌います。

今度はその活動に、歩きながらホワイトボードの抜けているところの音名を書いてね、
という活動へ。
歩きながらの活動は、必ず『お外では危ないからね。今は特別だよ。ピアノを弾くときは、右手、左手、ペダルって沢山のことを一度にやるから、その練習として一度に歩く、歌う、書くもやるよ。』と伝えています。子ども達は、『あはは、先生、外で書きながら歌わないよ。歩きスマホもダメなんだからさ。』という具合によくわかってくれています笑

そして、
T 『ドレミファソラシドって、音何個あるのかな?』
S 『8こ』
T  『右手のお指何本ある?』
S 『5ほん』
T 『どうしよう、音は8個なのにお指は5本......』


すると、子ども達は様々な指使いを提案してくれます。
12345555
12312323
23232323

提案してくれた指使いを試しつつ、
世界中で一番人気の指使いを子どもに伝え、一緒に練習。


最後は合図無しに、二人で息を合わせて弾く方法を模索します。
T 『せーの、とか、どーぞ、っていうと、それも音だから言わないで合わせたいな.....』
T 『どうしたらいいかな......』
S 『じゃあ、お口でどーぞ、の形をして、言わない』
T 『なるほど、それでやってみよう。』

いろいろ試して、呼吸やボディランゲージで息が合わせられるようになったら
ハイタッチで『大成功。』という内容です。

続きを読む

お気軽にお問い合わせください

04-2924-0256 受付時間 9:00-21:00 / 定休日 木曜日

レッスン中や移動中などでお電話が繋がらない場合がございます。 折り返しお電話させていただきますので留守番電話にメッセージをお願い致します。


ピアノ教室FUJITA メニュー

トップへ戻る